多くカロチノイドが、

多くカロチノイドが、
サプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)として加工され、
発売されています。

カロチノイドの種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)は約600ほどもあるといわれているのです。

サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)もにんじんに豊富に含まれている事でも有名なベータカロチン、
鮭やイクラに含まれるアスタキサンチン、
トマトに含まれているリコピン(食品の着色料としても使われているのだとか)など、
多種多様なものがあるそうです。

カロチノイドのサプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)はいくつかの種類があるのですが、
そのなかでも特に有名であるものがあるんです。

ベータカロチン系のカロチノイドは、
抗酸化作用が強く、
体を酸化させる要因となっている活性酸素(飽和脂肪酸と結びつくと、過酸化脂質になってしまう点にも注意が必要ですね)を減少させます。

がんの増加を抑えてたり、
老化作用を食い止めたりと言った効果ありことから、
注目のサプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)商品です。

アスタキサンチン(カロテノイドの中でも特に強い抗酸化作用を持つことで知られています)系は、
βカロチン同様、
抗酸化効果の強い成分として知られているのです。

活性酸素(ストレス、紫外線などで増加し、老化の原因になるといわれています)を抑制する働きがあるので、
さまざまな病気の予防、
血行の促進、
そして、
眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)改善などと言った働きがあるのです。

多くのサプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)商品でアスタキサンチン(カロテノイドの中でも特に強い抗酸化作用を持つことで知られています)が配合されています。

リコピン(リコペンとも呼ねれていますが、リコピンの方がなじみがありますね)系のカロチノイドサプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)は、
遺伝子(遺伝子組み換え食品は食べたくないと考える人が少なくありません)の働きを助け、
細胞のがん化を未然に防ぎます。

色んな病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の元である悪玉コレステロール(この?値が高すぎると、動脈硬化である可能性があります)を抑制して、
血管を強くする事で血栓や動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)の予防をしてくれるのです。

どのカロチノイドを摂取すれね、
貴方の健康に効果があるかをふまえてサプリを選ぶ事が大切ですね。

カロチノイドサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)の種類(時には新しく発見されることもあるようです)は豊富ですので、
成分や材料をしっかり確認しましょう。http://www.leidisen-hu.com/